小柄で体型がとっても歪んでおられるポッチャリさんのリメイクです

最近体型がとっても歪んでいたり、後ろに大きく反っていたりの体形の方が多くみられます。

そして大半の方がそれに気が付いておられないんです。

本気で心配してしまいます。

 

このお客様も左の腰が大きく左に飛び出して上半身は右に傾いて肩も下がっています。

仮縫いは肩パットを入れて分からなくしていますが、見頃は左側に大きくしわが出ています。

 

ここまでも修正していますがここからもっと修正して体に合わせて直していきます

 

このお客様は可愛いのが大好きで派手好きだそうです。

何枚か持ってこられたお着物の中から私はこれをお勧めさせていただきました。

総柄で色が上品コーディネートがしやすく長い期間着られ、顔色が綺麗に見えるからです。

可愛いのがお好みなので、ポケットを可愛く付けました。リボンで動きが有ります。

襟も付けをまあるくして可愛い感じにしています。

首から少し離して付けています。中にインナーが入っても窮屈に見えない様にです。

出来上がって着て見られた時の満面の笑顔がお見せ出来ないのが本当に残念です。

思った通りに出来上がった時は本当に喜んでいただけます。

私はこの時の為に一生懸命頑張れるのだといつも思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前から見た時です。小柄ですので着丈はこれくらいがちょうどいいです。

可愛いでしょう?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

太った方は後ろウエストを少し絞ってあげると細く見えます。

前は胸やおなかが有るので絞るとかえっておかしいです。

これだけ歪んでいても皺は無くなっています。

本人には見えてないんですけどね・・・

とりあえずは大喜びで帰って行かれました。

きっとここまで満足できるとは思っておられなかったと思いますので、本当に良かったです。

この満足を手に入れて頂けるのがオーダーなんですね。

昔のオーダーってダサイというイメージが有ったと思います。

ただ体に合わせるとダメなんですね。

長くアパレルでデザイナーとしての感覚を養ってきたから、どうしたらオシャレに見えるかが分かっていますので

おばさんぽくならない様に作れるんです。

欠点を隠してプラスαーをどう出すかを何時も考えながら制作していますので安心して相談して下さい。

 

着物リメイク5日間講座

アクセス

HP

どんな事でも相談して下さい。  078-200-3660

 

 

 

 

 

 

 

 

 

着物地で傘を作りました。とっても人気です。

着物地の傘はすごい人気です。材料も制作も全部日本製!

お気に入りの着物地で世界に1本しかない自分だけの傘が出来るんです。

 

最近は中国製の安い傘ばかりが出回っています。

日本製の傘を作る所もとっても少なくなっています。

この傘は持ちても芯棒も全部日本製で、これは竹で出来ています。

何種類かあって好きなのを選べます

 

 

 

 

 

 

 

 

持ち手も芯棒もボタンも色や素材を選べるんです。

 

 

可愛いでしょう?紬もなんとも言えなくいい雰囲気です。

UV加工も撥水加工もしてあります。

羽織からは1本。着物からは2本作れます。

こんなのをプレゼントしてもらったら、飛び上がって喜ばれますよね。

お問い合わせはお気軽に。078-200-3660  荒木まで

HPはこちらです

高齢者のお洋服で困っておられませんか?

会社は三宮に有ります。ミセスのお洋服もたくさん置いています。お洋服の事ならどんな事でも相談して下さい

アクセスはこちらです

着物を作った残布でワンピースを作りました。

こんにちは。着物リメイクの荒木栄子です。

着物を作った残り布、たったの4.6mでワンピースが出来上がりました。

 

  

 

少しきつい感じがしますが、お客様のサイズは7号くらいですが、9号のボデイーに着せています。

 

 

この方はお母様が大好きです。

遠い所に住んでいらっしゃるお母様をしょっちゅう訪ねて行かれます。

羨ましいくらいの親子関係です。

だからこの反物もお母様が買って下さったので、すでに着物は出来てるけど、残り布で何か作れないかなと思われたんですね。

大事に置いておられたのでしょう。

 

出来上がったら「母に見せたいから」とおっしゃってました。

 

涼しくなったらおめかしして写真を綺麗に撮ってあげようと思っています。

もちろん大好きなお母様を喜ばせるために。

これがリメイクの特徴なんですね。

どなたもおっしゃいます。「母が喜んでくれました」って。

母は偉大ですね。母親以上の存在って有るかな?って思いますよね。

生きててもらえて良かったと思います。

だって嬉しそうな笑顔が見られるでしょう?

 

 

お客様が着られると丁度良いサイズに上がっています。肩の下がりが左右違いますので、合わせて出来ています。

襟ぐりと袖ぐりにこだわりました。

シンプルなデザインはどんな刳り方かで、雰囲気が変わりますね。

お客様の希望を何度も確かめてテープを張って見てもらいながら決まりました。

お袖はドロップさせたので、ちょっと雰囲気が有ります。

こういう生地にはよく合います。

 

 

シンプルなデザインのワンピースはいろんな組み合わせ方が出来てとても便利です。

可愛くも、シャープにも、ちょっとオシャレにも出来ます。

普通にお仕事にも着て行けますし、ちょっとしたパーティーにもOKです。

羽織物にもいろんなタイプが有ります。

 

流行のヒップよりうんと長いカーディガンはちょっと年齢が上がりますが
こういう可愛いボレロ風だと、全く違った雰囲気になります。

 

 

もっと長いコーディガンはパンンツの方が合いますね。

シャープなシャツと合わせたら、イキな雰囲気の着こなしになります。

 

 

パンツと合わせるより柔らかくステキだと思いませんか?
お仕事でもOKですしデートにも合いますよね。

 

こういうシンプルで色に雰囲気が有るワンピースは本当に便利なんですよね。

長ーく着られるから、コスパも良いですしね。

ちょっとしたお食事にもいけます。
大きなストールと合わせるのが一番簡単ですね。

 

 

 

 

透けてる物や、石とかジルコン等が付いているストールはよく合いますね。

行く場所によって、ストールを選べばどんな場面でも結構、豪華に装えます

 

ワンピースのデザインが主張していると、とどうしても着ていく場所や場面が限られますが

シンプルなデザインはそこが強みですね。

自分の感性や好みでどうにでも表現できるので、ぜひ「私だけの一着を」持ってみて下さい。

 

 

どんなことでもお尋ね下さい。

お客様の声

リメイクの5日間講座です

リメイクのHPです。

アクセス

 

 

 

リメイクをすると体の歪みが分かります

仮縫いをすると今まで気が付いていなかった自分の体の歪みが分かるんです。

このお客様はふっくらさんで、やはり派手な柄がお好きの様です。

可愛い感じのジャケットが作りたいという希望で、

ボタンも大きいのを付けたいそうです。

まずは仮縫いをします。

今回のお客様の仮縫いした時の写真です。

体の歪み方が凄いですよね。

左の腰が極端に左に飛び出しておられるんです。

もちろん背骨も見た通り大きく歪んでいます。

肩も左右の下がり方が大きく違います

 

仮縫いはここから体に合わせて直していくんですが、左右が全く違う体型なので

型紙も左右作らないと体に合いません。

時間が倍掛かります。

出来上がったお洋服を着たら歪んでいるのが分からない様に作ります。

問題はご本人が自分の体の歪みに気が付いておられなかったという事です。

普通に立っておられるつもりなんです。

 

信じられないですよね。

これだけ歪んでいても自覚がないというのはちょっと怖いです。

本気で心配してしまいます。

最近多いみたいですよね  脊柱管狭窄症。

これで手術をして、3年リハビリしてやっと杖ついてゆっくり歩ける様になられた方がいらっしゃいました。

 

皆さん普段ゆったりしたのを着ておられますよね。

だから余計にわからないんです。

私も仮縫いして体に合わせていくので、着て頂いた時に「わっ!」ってなるんです。

 

自分の体が歪んでいる事に7割くらいは気がついておられません。

肩の下がり方が左右違うのはたいてい分かっておられますが、肩甲骨の後ろに飛び出し方が左右で倍くらい違う方もいらっしゃいます。

普段の生活には影響しないから気にならないのだと思いますが、そういう方はほかの場所も歪んでいます。

仮縫いでせっかく見つかったんだから自分で直していく努力をして欲しいなと心から思います

せっかくわかってもあまり気のされない方も多いのです。

今動けていたら「まあいいか」って思わないで。後で困るのはご本人ですから。

健康診断でも体の歪みの検査は入ってい無いですからね。

心配が尽きないです

 

お洋服に関することなら、どんな事でもお気軽に相談して下さいね。

078-200-3660  荒木迄

リメイクのロングドレスって,女性は憧れるのでしょうか?すごい人気です。

ロングドレスって,女性は憧れるのでしょうか?すごい人気です。

お客様の注文では無くて、必要が有ってロングドレスを作りました。

ドレスを着るイベントに出店するからです。

 

 

お客様が来店して下さった時、見てみないとどんなふうに成るか分からないからです。

ドレスも出来ますよって言っても想像つかないので、やっぱり形にして見て頂きたいのです。

 

着物で作ったドレスは独特の雰囲気が有ります。見るとすぐに分かります。

 

今回はロングですし大きな柄だし、汚れも有って本当に生地が足りなくて大変でした。

せめて上身頃だけでも柄合わせが出来たらと必死で考えて型紙を作りました。

 

今回の着物はどっしりとしたすごく上質の絹です。

 

肩紐もこういう風にするとお肉が付いていても丸出しに成らなくて良いんです。

 

 

スカート部分を取ったら小さな生地しか残りません。

残った生地で上見頃が取れる様にデザインを考えて型紙を作るんです。

 

ここがリメイクの手間と時間が掛かる理由の一つです。

欲しいだけの生地が無い!

 

最後は、小さな小さな端切れが残っただけでした。

 

全体の雰囲気は思った様に出来上がりました。

着る人の雰囲気が上品でステキに見えて貰えば満足ですね。

 

お店に来られるお客様も「着てみます?」ってお聞きすると満面の笑顔で「着たい!」とおっしゃいます。

普段着る事が無いロングドレスだからあこがれが有るんですね。

どなたも嬉しそうです。クルクルと回りたいような勢いでニッコニコ。

 

普通リメイクって費用も掛かるので10年は着られる様に考えて作ります。

10年たっても色あせない様に。

何年前に作ったって分らない様に。

体型が変わっても直せる様に。

色々考えてデザインしています。

 

これだけは、置いときたい。

これだけは洋服にして残したい。

おばあちゃんに見せてあげたい。

色んな思いが有ります。

 

共通してるのは思い出を残しておきたい。

この「思い」なんですよね

 

皆さん、母と娘の絆を大事にしたいって思いは同じですね。

出来上がって母が喜んでくれましたというのは毎回聞かせて頂いています。

 

リメイクってこう言う風に出来あがるんですよ

どんな事でもお尋ね下さい。

リメイク5日間講座 

リメイクのロングドレスを何人もの人に貸して上げて喜ばれてるそうです。

リメイクのロングドレスを何人もの人に貸して上げて喜ばれてるそうです。

 

 

このお客様は少し前にお子様の結婚式に着たいからと留袖をロングドレスにリメイクされました。

来られた時にドレスをリースするより作った方が安いからとおっしゃってました。

それで、ドレスを着て行かれたお式で周りの方から絶賛されたそうです。

その時に妹さんから「今度貸して」とお願いされて、北海道まで送ってあげました。

たまたま体型もそっくりなのだとか。

そしたら妹さんが、それを着て出席した会場で又周りのお友達から絶賛されて、
今度は自分のを作りたいとおっしゃったそうで、連絡が有りました。

きっと「今まで見たことない」と皆さん思われたんでしょうね。

 

このドレスすでに5回くらい着てるそうです。

まだあと3回は着る予定があるみたいです。コスパすごいですよね。

すごく細くて身長もある方ですので、作った方が綺麗ですし、だれも着ていないドレスですから、堂々と着ていられますよね。

 

この留袖は珍しく大きなワンポイントの柄のお着物でした。

 

細いので襟が有る方が貧弱に見えないとオーガンでかわいい襟を首から離して付けました。

8分丈のお袖口にもオーガンでカフスを付けています。

 

ちょっと珍しいと思いますが若い感じに仕上がってるので、きっとお友達も
気に入って下さったのだと思います。

 

リメイクはダサイというイメージからの脱皮を試みています。

着物だから叔母さんぽいとは限りません。

 

20号より大きな方のリメイクも有りますしほんとに細い方も意外と多いです。

それぞれの体形が少しでも綺麗に見える様に作るのが仕事だと思っています。

出来上がって着て頂いた時の嬉しそうな笑顔を見るのがほんとに満足なんです。

 

リメイクが出来上がる迄

リメイク5日間講座

アクセス

腰が大きく曲がった男性もリメイクが出来るんですよ。

腰が大きく曲がった男性もリメイクが出来るんですよ。

 

男性のリメイクは珍しいです。

ウールの着物と羽織で作務衣の上下が作りたいと来られました。

確かにウールで作務衣が出来たらオシャレだし可愛いですよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

元々このお客様は病気で腰が大きく曲がっておられます。

 

 

着物には制限が多いし、用尺もたくさん必要です。
この体形で取れるかなと心配でした。

 

最初はパンツは膝下くらいの長さしか取れないかなと思ったのですが何とか股下75㎝で作れたんです。

着物地の作務衣は外出着にも成るし、便利ですよね。

パンツの裾も絞っていないので、上からコートを着ても大丈夫。

暑い時以外はずっと着られて、重宝して頂けると思います。

 

女性用が有ってもいいなと思います。

よく陶芸家や、織物や染色などのお仕事をされてる方が着ておられますよね。

ああいうお仕事着としてだけでなくて、外出着としても作務衣っていけると思います。

リメイクは流行りに関係なくずっと着られるのが大事です。

何時もそれを頭に入れながら制作しています。

今だけの流行ではなく、でも何時見ても新しさも有る、そんなお洋服になったら
長ーく着られて、楽で、ちょっとシャレてて、嬉しいと思いません?

リメイクって年齢も、性別も関係なく出来るんですよ!

 

HP はこちらです

HPのリメイク

高齢者のお洋服 

アクセス

まずはお問合せして下さい  

ふっくらさんって派手好き,可愛いもの好きの方が多いですね

ふっくらさんって派手好き,可愛いもの好きの方が多いですね

昔フリフリのお洋服が流行りました。

その時も結構ふっくらさんが着ておられましたね。

その傾向は変わらないみたいです。

 

後ろが長くなります。

そういう体型の人は大抵上体が後ろに反っています。

だから着てるものが前がピョコンと上がります。

首回りも、なかなか体にきれいに合いません。

 
そんなこといちいち気にしないわとそのまま体に合わないものを着ておられるのだと思います。

でもかしこまった席に出ていく必要に迫られた時困りますよね。

ある程度の年齢になると、こういう時に通販のお洋服を着るのもなーって思いますよね。

でも20号とかになるとそうどこにも置いていないみたいです。

それでオーダーしに来ていただくのです。
今回も「変わった形のお洋服を作って貰って来たけどちょっと飽きました。」

と言って普通にお袖が付いたワンピースを作りたいと来られました。

昔七五三に着ていくために買った反物がそのまま置いてあるからと

はっきりしたオレンジに大きな柄の着物地です。

 

不思議なものでいつも派手なお洋服を着ておられるのでビックリするほどの違和感は無いんです。

いわゆる「服に着られてしまう」という風にはならないんです。
仮縫いは大変でした。特赦体系ですから・・・

時々有りますが2回させていただきました。

 
ミセスの洋服は後ろウエストを絞ると綺麗に細く見えます。


前はバストもおなかも出ていますので絞ると余計に目立ちます。
サイズって何センチだけではないんですね。
バストサイズといっても胸周りが何センチかだけで、バストが大きい人もいますし
差寸が無くて鳩胸で大きい人もいます。
それぞれ型紙は違うんです。

 
何より着安く作りたいですよね。

今回は色柄が十分主張していますので、

体に合って着やすい服を目指しました。

 

お嬢様にはお母さんしか似合わないよねって言われたそうです。

でも出来上がって喜んで頂けて良かったです。
納品の時に思ったより生地が残っていたんです。
「これで何か作れます?」

「ベストなら作れるかも」

で作ることになりました。

 

もうーーーーーーーーーーーー大変でした。

やっぱりかわいいのがお好きみたいで、会社に展示してあるジャケットをご覧になって襟可愛いね

と聞いてしまったので、襟の周りにひもを通して絞って可愛く作りました。

 

 

悪戦苦闘の結果出来上がりました!

 

 

残ったのは本当に ハ ギ レ !

 

よくぞ出来た!って心から思いましたね。

気に入っていただいて私も満足です。


やっぱりお客様に作ってよかったと思っていただかないとね。

どこにも売ってないから、自分に合うものが無いから。

オシャレで着やすくて長く着られるそんなお洋服を提供したいと思っています。

HPに詳しく書いています。

リメイクってどういうもの?の答えがわかります。五日間講座をぜひ読んでください。

どんな事でも聞いて下さい。

着物のリメイクって、どういう風に出来上がるの?

色んな種類の着物が有って「何をどうしたらいいのか分からないわ」という方多いですね。

 

留袖みたいに錦糸銀糸も使った、普段では着られない着物。

いろんな作り方が出来る小紋みたいな着物。

綿素材のしっかりした、カジュアルに出来る着物。

どんな着物でも納得の,世界に一枚しかない自分だけの洋服が出来上がります。

 

♡———————お客様の声——————————

●娘の結婚式で留袖をリメイクしたドレスを着て出席しました。

 ドレスを見た母が、とっても喜んでくれて、思い出の深い結婚式になりました。

 

●自分が着なくなった羽織で娘にロングスカートを作ってあげました。

 こういうのを1枚持ってたらいざという時に使えると思ったんです。

 そうしたら、友達の結婚式に着て行って友達の評判が良くて皆にどこで作ったの?

 と聞かれて、ちょっと自慢だったそうです。

 

●これだけは大事にして残したいしタンスの肥やしで置いとくのはもったいないからと、着る機会の多いジャケットを作りました。10年は着られる様に考えてもらったので、費用対効果を考えると安いなと満足しいています。

 

●娘が仕事で、「海外でパーティーに出る事が有る」ので大島でロングドレスを作ってあげました。

 海外でも着物は人気なので、話題にも事欠かなくて、仕事もスムーズに運んでとっても喜んでいました。

 

●着物で夏の日傘を作ってもらいました。防水加工もUVカットもしてもらって残り切れで巾着も作ってもらって、皆にいいな、私も欲しいわって羨ましがられています。

 

●喪服を洋服の喪服に作り変えてもらいました。喪服は一番人気だそうで、やっぱり着る機会は多いです。

 いざという時洋服にしていたら着るのも簡単ですし、紋を入れてもらってるので、着物だと分るし、どんなお席でも堂々と着て行けてほんとに重宝しています。

————————————————————

リメイクにも、いろんな要望が有ります。お客様の希望を聞きながら、進めて行きます。

時間が掛かっても仮縫いの時に何通りか組み立てて選んで頂く事も有ります。

そうすると自分の目で見て判断が出来ます。

リメイクする時に、ここをこうしたら長く着られますとか、こうした方が便利ですよす等と、

有効なアドバイスも、メルマガで、お伝えして行きたいと思います。

 

「パンツが綺麗にはけない!」「このお腹どうしたら細く見せられるの?」「サイズはどう選べばいいの?」

等のカッコ良く見せる為ミセスが知っていた方が良い情報をお伝えします。

リメイクで洋服を作って下さったお客様の、生の声をお伝えします。

どういう理由で選んで頂けたのか、その結果どうなったのか等の感想をお伝えします。

 

アンケートで「今迄一番悩んでおられた事」は自分に合う洋服が無いでした。

年を重ねて来るといろんな所が平均では無く成って来ます。

バランスが均等では無くなった体をすこしでも綺麗にカッコ良く見せるコツを知って頂きたいと思います。

「ああそうだったんだ」と少しでも役に立つ情報をメルマガで提供して行きたいと思います

♡—————————————————-

リメイクってどうするの?何から始めるの?どれ位時間が掛かるの?

予算はいくら位するの? どんな風に出来上がるの?

いろんな疑問や知りたい事を「5日間リメイク講座」でお伝えして行きます。

リメクの疑問点や、進め方がよく分かって頂けると思います。

こういう風に出来上がるんだと順を追って理解して頂ける講座になっています。

リメイクに関する不安が無くなってイメージが出来る様になると思います。

是非この講座は読んで頂きたいと思います。リメク5日間講座はこちらから登録して下さい。

 

HP

お問合せ

サイズ表示に惑わされないで。

 

 

サイズってターゲットにする年代によって同じ9号でも大きさが違いますね。

 

メーカーはブランドによってターゲットが違います。

ボディーも細かく何種類も有ります。

ブランドに合うボディーを選んで商品を作って行きます。

 

ヤングの9号のボディーとミセスの9号のボディーは勿論すべてが違っています。

トップの位置が年齢と共に下がって来ます。

お肉の付き方も変わって来ます。

 

ミセスブランドはそう言う体型でも綺麗に見える様に型紙を作っていくのです。

 

ミセスで細い人がヤングの商品を着たら何かそぐわないのはヤングの商品は雰囲気が違うのとトップの位置が違うので体に合わないからなんです。

 

細いからと言ってお袖巾も凄く細いジャケットを着ても変なのは、ヤングとミセスでは袖の形も違いますし、あまりに絞り過ぎたラインはやっぱり合わないんです。

 

ミセスの商品で7号は少ししか作っていません。人数が少ないからです。

 

メーカーは売れにくい商品を大量に作ると全部在庫に成ってしまうので、どうしてもデザイン数が少ないです。

 

ではミセスの細い人は何を買ったらいいのかと悩みますね。

 

ミセスの、サイズが細いメーカーの9号を買って(ブランドによって大きさが違います)大き過ぎる部分をお直しで詰めるのが一番きれいに着られます。

 

逆に大きいサイズの人がストレッチで伸びるからと無理に小さいサイズを買うのはタブーです。

パンパンの洋服を着るとここまでお肉が入っていますと主張しているのと同じです。

中で体が泳いでるくらいの方が綺麗です。

 

ミセスで注意した方が良いのは、袖底が下がり過ぎてるジャケットは、年齢が上がってしまうので避けましょう。

袖底が大きく刳ってるのはお袖巾もすごく広いです。それはオバサンポイ雰囲気に成ってしまいます。

 

特に関西のメーカーは9号と言う表示にして10号くらいの大きさの商品を作りやすいです。

入る人が増えますね。「わ―9号で入った!」って喜ばれるんです。

だから表示どうりの大きさでは無い事も多いです。

ここに盲点が有るんです。

サイズはあてに成らないと言う事です。でも女性はすごくサイズにこだわるみたいです。

 

でも東京では昔から「当社の商品はこのサイズです。気に入って下さったら体を合わせて下さい」と言う考えで自分たちのブランドイメージを大事にした物作りをします。

 

だからサイズにこだわらないで、自分の体に合うブランドを探して下さい。

 

特にパンツは全員がお肉の付き方が違います。

試着してヒップの下に皺が沢山入ったらそのメーカーと自分の体が合ってないと判断して少しでも皺が出にくいパンツに遭遇するまで探しましょう。

 

色々と説明しましたが??の場合は気軽に聞いて下さい。

メールでも結構です。  info@ei-style.jp

ファッションオフィス エイ  

店舗も有ります。お近くに来られたら覗いて見て下さい。