2019年 1月 の投稿一覧

舞台で着られる留袖のドレスが出来上がりました。

今回のリメイクは諸条件が沢山あるのも悩みの種でしたがもっと困ったのが日程でした。

2月26日に着たいという日は決まっていました。

逆算して最低この日までに仮縫いを終わらせていないと大変という日が有ります。

それが連休あたりでした。(13日14日)

お休みの日だけど出て来ないとと思っていました。

ところが☎してもしても・・・

繋がらないのです。

何が有ったのか分かりませんし、もう時間切れだと諦めかけました。

とりあえずはハガキ出しておこうと思って出しましたらそれをご覧に成ってやっと電話が掛かって来ました。

で、16日に仮縫いをして出来上がりが25日という約束をしたのですね。

其れでも型紙を作る時間も必要ですから縫製の方は5日間くらいしか時間の猶予が有りません。

留袖のロングは一番時間が掛かるのです。

裁断にスゴイ時間が掛かります。間違って切ってしまったらおしまいです。

柄を綺麗につながないといけません。

着物は変わりが有りませんからね。

25日までに納品して下さいとしつこいくらいに伝達して少しほっとしていました。

そうしたら急に24日に欲しいと電話が有りました。

ギョギョッ!!!

です。

ただでさえタイトな日程なのに1日短くというのはもうね・・・・・・・・

かなりテンパっておられました

頼む方もとっても言いにくいです。

納品の日も1時間遅れて持って来られました。

どれだけ焦ったか想像が十分に付きますから、ほんとに申し訳なかったのですが、。

お客様の都合ですから仕方ないんですね。

苦労のすえ出来あがりました

dav

前センターにプリーツは好まないという事で、

ヒップまでは広げないでそこから下でフレアーを生地巾いっぱいにとりました。

ボートネックは綺麗に上がりましたし気に入って頂けました。

足がとっても長く見える様に出来上がっています。

で、ウエストはとても細いのですがあまり絞り過ぎたら動きにくくなります。

お袖も8分丈くらいにしてスリットを入れて動きやすくしました。

dav

こういふうに、本当に色んな事が起きますし、

その都度のり超えて今日が有るんですね。

一人ずつ体型が違います。

この方も左右がとっても違うのとやはり背骨が右に曲がっています。

(写真を撮る時はまっすぐになる様に立って頂きます)

おまけに反身です。

だから型紙も普通の方の2倍用意しないとだめでした。

目で見てもバストの大きさが左右すごく違うんですが本人は全く分からないとおっしゃいます。

普段は皆さん体にキッチリと合わせたお洋服は着られないので気が付かれないんです。

このままで、腰が悪くなら無かったら良いのですがと何時も心配です。

縫製は焦らせると、失敗しやすいので、出来上がって着ていただくまで、安心が出来ませんので、本当にホッとしました。

しばらくは留袖はちょっと・・・・って思うくらい疲れました。

喜んで頂ける様にいっつも全力投球で頑張っています。

完全オーダーの大変さが少しでも理解して頂けると嬉しいです。

HPにはリメイクの作品事例を沢山載せています。 

お客様の声です。参考にして下さい。   

興味がおありでしたら三宮に有りますのでお立ち寄り下さい。 

どんな事でもお気軽に相談して下さいね。

078-200-3660

ファッションオフィスエイ  荒木栄子

リメイクでダサイのは嫌と言うお客様が検索して良く来て下さいます。

今回はピアニストの方が舞台で着る為のドレスのご希望です。

留袖ですが柄が飛んでるので洋服にしても、おなじみの感じにはならないかなと、相談されました。

留袖はどうしても柄がメインで綺麗につないで着物の時の柄は生かしてドレスを作る事が多いです。

せっかくの柄ですしね。

でもこだわる方はそれがイヤなんですよね。

で、この着物は柄が密集してないからと思われたみたいです。

dav

甘い感じは大の苦手だそうです。

フリルなんて拒絶です!

男性っぽいのがお好き。

でも舞台だからドレスなんですよね。

シンプルイズベスト!

でもですね  留袖・・・

襟はボートネックに成りました。

で上半身に柄を持って来てスカートは無地にしましょうと提案しました。

sdr

スカートもフワーっと広がってるのはお気に召さない

細くてボインちゃんです。

今から仮縫いですが、スカートがどうなってるのかはご存じない。

ストレートのロングでは歩けないですよね

ピアノを弾くときは足も使いますから、広げますしね。

で、ウエストはタックも嫌い。

考えましたよ

センターに細い間隔でボックスプリーツを5本とりました。

これが4センチくらいの普通の幅だと面白くないしおばさんぽくてイヤだと思われます。

足の付け根より下まで中縫いして開かない様にして有ります。

之だと歩けるし動いた時にプリーツも開いて綺麗です。

立つとスッキリと細くなります。

ソフトプリーツでは無くてきっちりとプレスします。

あくまでストンと落ちる様に。

今から仮縫いですが、身体が入らないと全く分かりません。

これはどなたも一緒です。

サイズだけでは全く分かりません。

バストサイズと言っても差寸が大きい人、鳩胸で大きい人。全体にお肉が付いて大きい人。

全部型紙は違います。

見た時に反身の人は前の丈を長くして有りますがこれも体が入らないとウエストのラインは分かりません。

お袖もその人によってどこが太いかも違います。

ヒップのラインは本当に人それぞれです。

仮縫いは体型を綺麗に見える様に修正していきます。

身体のラインに合わせ過ぎるとダメなんですね。

昔のオーダーがダサいのはそういう事も有るんです。

既製服はボディーでカッコよく見える様に作ります。

だから服の中で体が泳いでる方が綺麗に見えるのです。

だって洋服はカッコ良いのだから。

肩幅はとても重要です。

狭いと顔が大きく見えてしまいます。

うまーく誤魔化してあげるのが大事なんです。

私は長くアパレルをやって居るのでミセスのお洋服を製造して来ました。

そのあたりの経験が財産に成っています

今デザインとパターン(型紙)両方出来る人は本当に少なくなっています。

昔のお仕立てやさんや縫製をやって来た人はデザインが専門では無いですね。

だから、ネットで良く有るダボっとしたおばさんぽい物に成ってしまいます。

仕方無いんです。縫製も大事な仕事です。

縫製工場さんの腕で同じ型紙でも出来上がる商品は別物に成ります。

完全にオーダーで作ってる所は少ないです。

リメイクは高いと皆さん思っていらっしゃいますがどれだけ時間をかけているかという事なんです。

もっと手抜きをしたらよさそうな物ですが、やっぱりねー。それが出来ないんですよね。

身体に綺麗に合わせて着やすくカッコよく見せようと思うと1着作るのに型紙が40枚と言う場合も少なく無いんです。

左右の体が同じとは限りません。

どちらかに歪んでおられる方も多いんです。

そうすると左右の型紙を作ります。

で、どんどん時間が掛かってしまうんですね。

だから出来上がったらとっても喜んで頂きます。

手間も時間も掛けていますからね。

サンプルを作ってショップに載せて貴方の着物で同じものを作りますとした方が仮縫いもいらないし

早く出来上がるし安く出来ます。

でも自分の体に綺麗に合うのは難しいです。

そういうやり方はほとんどがフリーサイズみたいなデザインですね。

これも仕方がない。

大多数の人に合う様に出来るだけ簡単に作れるようにと言うとそうなります。

自分がどうしたいかで選ばれたら良いと思います。

人が着ていないのが欲しいと思われるオシャレな方が選んで来て下さる事が多いです。

せっかく着物を用意して下さったお母様の気持ちにこたえたいと思います。

自分だけの自分の希望に沿った世界で1枚だけのお洋服が出来上がりますから、本当に喜んで下さいます

新しいHPもぜひご覧下さいね

ユーチューブの動画も有ります。

お客様の声です

会社は三宮に有ります。是非お立ち寄りください。

今冬物がかなりお買い得に成っています。

定価に関係なく¥5,000のラックも有ります。