2018年 10月 の投稿一覧

着物の薄い紬でリメイク。粋なテーラーコートが出来ました。

着物地は薄い生地が多いのであまりコートのリクエストは有りません。

でもリメイクのコートもなかなかイキでステキです。

生地が本当に薄かったので身頃は全面芯を張りました。

ちょうど今チェックのコートが流行っていますが、何年経っても古さを感じません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年大きなブロックチェック(ブロック・チェックとは、同一色の濃淡で構成された格子柄。)

のコートが雑誌を飾っています。

 

 

 

 

 

 

 

ただこれらは流行が分かってしまいます。

ドロップショルダーの流れが、出ていますので、数年したら少し前のかなと感じさせてしまいます。

少しの事なんですが、流行を感じさせなくて10年たっても新しいと感じてもらいたいですので、

とてもその当たりは神経を使っています。

お客様は流行とか関係なくこの着物がとても好きでフワーっと軽く羽織れるコートが欲しかったそうです。

襟にこだわりました。上衿がフワーっと起き上がって欲しかったのでそういう型紙を作って
縫製の方にも説明して縫って頂きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大きなスカーフを巻いても襟が立っていると綺麗に収まります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大きな柄だったので、柄合わせも大変でしたし、生地が本当にギリギリで残ったのは本当にハギレだけです。

何時も綱渡りだなとつくづく思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

考えて考えて、粘って粘って仕上げています。

とれませんでしたと言うのはお客様にとっては本当に残念だと思うので、期待に水さすような事はしたくないですからね。

今回もイキでステキなコートが出来たと思います。
真夏と真冬以外はずっと着られて特に季節の変わり目には重宝すると思います。

間違いなく10年は着られそうです

 

リメイクについてのノウハウです。

お客様の声です。参考にして下さい。

着物リメイクの動画です。沢山の方に見て頂いています。 

会社のアドレスです。三宮にお越しの時は覗いて見て下さい。

ステキな柄の付け下げから、オシャレなスーツが出来ました。

柄を見た時に「わあ良い柄!」って思ったのですが汚れが激しくありました…

柄合わせが有って汚れがひどいと、すごく大変なんですね。

 

おまけにロングスカートがご希望。しばし絶句。 

 

 

 

 

 

 

ここでくじけてる訳には行かないので、頑張りましたよ!

最初にスカートで柄を合わせて作って、

残りの生地で上着を取っていくんです。

最初、型紙が出来て、残った生地に載せていった時に半袖しか無理かな?

って思いました。

 

リメイクって型紙が出来てから、着物地にのせての微調整がつきものなんです。

何ミリか削ってその分他の型紙を大きくしたりしながら取れる様に直して行きます。

とりあえず時間が掛かります。

 

今回も考えて考えて何とか出来ました。

 

スカートは柄が後ろの方が多いので上着は後ろ見頃は無地だけにして

前はスカートの柄とのバランスが良い様に柄を乗せました。

 

よく出来たもんだとわれながら満足です。

襟とタックが今回のポイントです。

 

dav

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

思った通りに出来上がって来て満足です。

勿論お客様の喜びようは!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日は枕を高くして寝られます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リメイクについて詳しくはこちらをご覧下さい

会社にはリメイクのサンプルも沢山置いています。
どういう物が出来上がるのか覗いて見て下さい。  

 

お客様の声です。  

最近リメイクの動画のアクセスがとっても多くなっています。分かりやすいので
是非ご覧下さい。  

今回は皆さんお悩みのパンツについてです。

パンツってカッコ良くはくの難しいですよね。

 

最近よく来て下さるお客様。

ずっと気になっていたのですが、何時も買ってるとおっしゃる有名メーカーのパンツ。

これが体に見事にあって無いんですね。

で、見かねてお直しをしてあげました。

他社で買われた物でもお直しは受けています。

多分市場価格の半分くらいです

 

パンツは難しいので型紙が分かる人しかお直しは出来ないんですね。

生地はすでに切って有るので完璧に直すのは無理ですが今よりは体に合う様に出来ます。

見かねてパンツのお直しばかりしてるみたいです。

皆さんウエストサイズか、お腹の大きさに合わせて選んでしまう。

でも足やヒップやヒップ下は大きく無いので余ってしまう。

良くあるパターンです。

 

そして、自分のヒップラインとパンツのそれが見事に合っていなくて、大きな皺が出てしまう。

殆どがこれです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

勿論パンツ幅を狭くしたりもします。その方が細く長く見える場合は提案します。

ダバっと大きい方が楽だと思い込んでる方も多いです。

身体に合ってる方が細くても綺麗で楽なのですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私も美脚パンツを作っています。

特に13号とかの人は本当に細く綺麗に見えます。

何故かといいますと、サイズてんかいをする時に工夫をしています。

グレーディングと言うのですが、サイズを少しずつ大きくするときは同じピッチで大きくして行きます。

だからウエストが大きいとヒップもパンツ幅も同じ様に大きくなります。

でもほとんどの方は大きいのはお腹だけ!

足が太い訳でもヒップ下が太い訳でもありません。

そういう特徴を考えて13号を作っています。

この方は小柄な方ですが足も長く見えませんか?

比べてみたらとっても良く分かります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どうでしょう?

前も後ろも横も全部違いますよね。

ヒップ下の余った部分が違いますね。
前から見ても横から見ても足の長さが随分違って見えますね。

これくらい分に合ったパンツとそうでないのは見え方が違うんですね。

楽さ加減も随分違います。

自分が何時も気に入って履いてるパンツ一度チェックしてみて下さいね。

どんな事でも相談して下さい。

どにひっかった小骨が取れるような気持に成れるかも知れませんよ。

 

078-200-3660

★お電話は非通知設定されておられる方は、頭に186を付けてかけて下さい。

リメイクについて詳しい事は此方をご覧下さい