昔リメイクを注文して下さった方からの再注文が増えています。

リメイクをされる方は、大体目的が有る方が多いです。

 

お子様の結婚式に着ていくためにリメイクしたい。

 

これだけは残しておきたいから処分しないでリメイクしたい。

 

孫の結婚式に、おばあちゃんが着る物が無いから、留袖をドレスにしたい。

 

誰も着ていないオシャレなドレスで出席したい。

dav

 

どれもその目的が達成したら、其処で完結ですよね。

だからリピータには成りえないんですね。

 

 

出来上がった時は最大限の事をしてお渡ししますので、どなたもとても喜んで下さいます。

 

私も「ああよかった」と安心して終わります。

でもその後何年もたつと、どうしておられるのかなと気に成って来ます。

 

アンケートを取ると、皆さんやはりとても喜んで下さってるので、安心します。

 

お元気かな?

懐かしさと又お目にかかりたいなという思いが沸いて来ます。

 

 

それが最近そういうお客様からの連絡が続いています。

 

忙しすぎて連絡出来なかったけれど、又作りたいと言って下さいます。

 

周りの方にすごく褒められて何回も貸して上げましたと言われる方もいらっしゃいます。

 

私と出会う前に預けていた所から引き揚げて来ましたと何枚もお着物を持参で3人で来られた方もいらっしゃいます。

 

おばあちゃまのジャケットを数年前にお作りして急に又連絡を頂きました。

 

今度も違うお孫さんのお式に出席するためのジャケットが欲しいと来られました。

 

私の所に来て下さるお客様はこだわりが有る方が多いです。

 

色々と探してすごくオシャレだったからと言って下さいます。

 

ネットで検索すると、リメイクは先に商品を作って販売されておられる所が殆どです。

 

完全オーダーで作るのは時間も手間もハンパ無くかかります。

 

リメイクは高いと思われていると思いますが

仕事の内容とそれに関わる為の時給を考えると

誰もあまりやりたいと思わないからやってる所が少ないんですね。

 

それと縫製が仕事の方が多いです。

デザイナーでは無いんですね。

 

アパレルで何年もデザイナーとして働いた経験が無いと、やはり難しいのです。

 

アパレルというのは展示会で動いています。

 

1回の展示会には、一つのブランドで1~2か月くらいの間に80~100型くらいのデザインを上げないといけません。

並行して型紙を作り工場さんに出して縫製してもらうのです。

 

これは素人さんにはむずかしいです。

 

私が作るお洋服はどんな体型の人にもサイズが合うだけでは無くて

オシャレに見える様に、

少しでもカッコ良見える様にこだわっています。

 

 

昔オーダーで作ったお洋服はダサイというイメージをもっていませんでしたか?

これがアパレルと「縫製やさん」の違いなんです。

 

 

その苦労が報われたなと最近思わせていただく事が増えてちょっと嬉しいなと思っています。

ホームページの中ではやはり参考事例を見て下さる方が一番多いです。

 

これだけのデザイン数を載せているHPはあまり見たことが有りませんが、

デザインすべて載せているわけでは有りません。

 

理由は分かって頂けるかと思います。

 

 

貴方だけの特別なリメクをやってみたいなと思われましたら連絡して下さいね。

 

078-200-3660

ファッションオフィスエイ  荒木栄子

 

お電話は非通知設定されておられる方は、受信できずに 切れてしまいます。

頭に186を付けてかけて下さい。

 

 

実用新案登録申請中の「帯ベルト」の動画もうすぐアップしますのでお待ちください 

 

HP    

ユーチューブ動画(リメイク)  3万アクセスス突破しました!

アクセス 

 

SNSでもご購読できます。



コメントを残す