着物リメイク

タンスの中に置いてるだけの着物如何した物かと悩んでおられる方は本当に多いです。

お部屋の整理、かたづけをお仕事にされておられる方は皆さん

「何処のお家へ行っても着物を沢山持っておられて、どうしよう・・・って悩んでおられます」

と、同じ事をおっしゃいます。

 

昔はお嫁入り道具としてお母様が用意して下さいましたからね。

そう簡単に処分出来ませんよね。

お母様の思いが詰まっていますからね。

 

私もタンスの中にギッシリ、ギッシリ持っていました。

少しずつお洋服に変わって行ってますが今もまだまだ有ります。

捨てるなんてとんでもないと思ってしまいます。

 

たまには陰干しもしないととは思うのですが、それもなかなか出来ません。
カビは一枚着くと、たたんでる着物下まで全部うつるそうですから、気を付けて下さいね

 

何時までもタンスの中に置いたままという訳にはいかないですよね。
捨てるのでは無くて再利用が出来たら一番いいですよね。

 

着物で世界に1枚しかない自分だけのお洋服が出来るってどんなでしょう?

お友達より1歩先を行く満足感は、有りますね。

リメイクしたお洋服を着ていると知らない人から声を掛けられるそうです。

「やっぱりいいですねー」って。

 

こだわりの自分の着物。これでワンピースを作ったらお食事にも着て行けるかな。

大好きな柄の大島はどうしても捨てられない!

好きな柄の羽織。この色も気に入ってるのよね。

なんていろいろ考えていたらワクワクしますよね。

 

着物の値段を考えたらリメイクして長く着る値打ちは充分有りますね。

私は、最近では母がお気に入りだった大島を、ながーく着られるコートジャケットにリメイクしようと思っています。

大きな襟を付けてフワ―っとしたコジャレた感じのコートです。

 

今までのリメイクで、大島や紬で作ったお洋服に関心が有る方多いんです。

これはバルーンシルエットになってるのでふんわりとしたラインです。

これはキルトを付けて取り外しが出来るので寒くなっても長い期間着られます。

 

それと喪服を洋服に作り変えるのもとっても人気です。

これは着る頻度が高いので費用対効果が高いんです。

紋を残して洋服に変えますので格も保たれて流行に左右されないデザインです。

 

着物から洋服へ、10年着られる様に考えて作っています。
満足度は————————— 高いです!

 

下取りで、何百万もした着物全部で1万円ももらえなかったと聞きました。

着物について行きたくなりますよね。

そんな着物がかわいそうな事したくないです。

 

リメイクは自分の体に合せて体型を考慮して綺麗に見える様に作ります。

流行を追いかけてすぐに着られなくなるようなデザインはしない様にしています。

10年は着られる様に、数年後体型が変わってしまってもお直しが出来る様に作ります。

 

娘さんやお母様にプレゼントされる方も多いです。

お母様に留袖をドレスに御姉妹でプレゼントされた方もいらっしゃいます。

お孫さんが10人もいらっしゃるそうで、10回着られるとおっしゃっていました。

ドレスはリースの方が高いそうで、費用対効果は大ですね。

 

作る時は別の生地で仮縫いをしますので、その時に体形が歪んでいる事に気が付きます。

肩の傾斜が左右違う方は多いです。姿勢が後ろにそっくり返った人も以外に多いんです。

勿論背中が前に曲がっている人も多いです。

以外なのは自分の姿勢に気が付いておられない方が多いのです。

皆さん結構ゆったりしたお洋服を着ておられますので分からないのですね。

仮縫いはその姿勢に気が付くきっかけに成ります。

少しでも早く気が付いて普段から自分の姿勢に注意を払って貰いたいですね。

 

リメイクの特徴は出来上がった洋服をお母様やおばあちゃまがご覧に成ってとっても喜ばれる事です。

本当に喜んで頂けるのです。

勿論、蘇った洋服を着た時の皆さんの笑顔も最高なんです!

 

リメイクってすごい手間も時間も掛かるんです。

 

まずはどんな事でも相談して下さい

HPでもご覧下さい

リメイクの仮縫いって面白いですよ。

仮縫って、してみたいと思いませんか?

想像は出来るけど、実際どういう感じかな?って思いますよね。

 

仮縫いは初めてとおっしゃる方多いです
珍しそうでちょっと緊張して、どうしたいですか?って聞かれも、何と答えたらいいか分からなくて、困って、

鏡を見て自分で判断できなくて・・・
大体反応は同じです。だから全部形にして見てもらいます。
そうすると分るんです。こっちの方が良いな。私の好みだわって。
こうしましょうか?って見せてあげると、ウンその方がいい!ってわかるんですね。

左右違う衿を付けて見て頂く時も有ります。
勿論手間も時間も掛かりますが、納得して作りたいと思うでしょう?
だから出来上がって着て見られた時の笑顔が満開なんです。
仮縫いは仮縫い用の生地で作ります。
だから同じ物を2着作るのです。
仮縫いでデザインは納得しても実際の着物で縫い上がって来て、見て初めて「こうなるんだ!」
と分るんです。
絵や形を見ても、この生地でこの形になると言われても頭の中でそれがドッキングしないのが普通です。
普段から洋服に携わってるアパレルの営業も同じです。

 

だから、持って来られた着物の特徴を考えて、何を作ったらそれが生きるか、長く着られるかを考えてアドバイスしています。

 

それに仮縫いって体型が、ゆがんでるのが分かるんです。

仮縫いを経験して自分の体型に初めて気が付かれるんです。

えーーーーーーーーー?私こんなにいがんでたの??   って。

意外に多いのが、後ろにそっくり返ってる体型の方。
殆どの方が気が付いておられないんです。
このままの姿勢でいて、直さなかったら腰を悪くしますよ って言ってます。
肩の傾斜が左右違う方も多いです。
片一方ばかりどんどん上がって、ますます傾斜の差がひどくなります。

ショルダーバックはもたないで下さいねと言います。

 

手足の長さの違いも分かります。
リメイクってそう言う欠点に気が付く利点も有るんです。

普段した事のない、体に綺麗に合わせて仮縫いするから分るんです。

 

一度体験して下さい。楽しいですよ。友達が珍しいのでついて来られて見学される方もいらっしゃいます。

HPはこちらです。いろいろ書いていますので、参考にして下さい。