リメイクの仮縫いって面白いですよ。

仮縫って、してみたいと思いませんか?

想像は出来るけど、実際どういう感じかな?って思いますよね。

 

仮縫いは初めてとおっしゃる方多いです
珍しそうでちょっと緊張して、どうしたいですか?って聞かれも、何と答えたらいいか分からなくて、困って、

鏡を見て自分で判断できなくて・・・
大体反応は同じです。だから全部形にして見てもらいます。
そうすると分るんです。こっちの方が良いな。私の好みだわって。
こうしましょうか?って見せてあげると、ウンその方がいい!ってわかるんですね。

左右違う衿を付けて見て頂く時も有ります。
勿論手間も時間も掛かりますが、納得して作りたいと思うでしょう?
だから出来上がって着て見られた時の笑顔が満開なんです。
仮縫いは仮縫い用の生地で作ります。
だから同じ物を2着作るのです。
仮縫いでデザインは納得しても実際の着物で縫い上がって来て、見て初めて「こうなるんだ!」
と分るんです。
絵や形を見ても、この生地でこの形になると言われても頭の中でそれがドッキングしないのが普通です。
普段から洋服に携わってるアパレルの営業も同じです。

 

だから、持って来られた着物の特徴を考えて、何を作ったらそれが生きるか、長く着られるかを考えてアドバイスしています。

 

それに仮縫いって体型が、ゆがんでるのが分かるんです。

仮縫いを経験して自分の体型に初めて気が付かれるんです。

えーーーーーーーーー?私こんなにいがんでたの??   って。

意外に多いのが、後ろにそっくり返ってる体型の方。
殆どの方が気が付いておられないんです。
このままの姿勢でいて、直さなかったら腰を悪くしますよ って言ってます。
肩の傾斜が左右違う方も多いです。
片一方ばかりどんどん上がって、ますます傾斜の差がひどくなります。

ショルダーバックはもたないで下さいねと言います。

 

手足の長さの違いも分かります。
リメイクってそう言う欠点に気が付く利点も有るんです。

普段した事のない、体に綺麗に合わせて仮縫いするから分るんです。

 

一度体験して下さい。楽しいですよ。友達が珍しいのでついて来られて見学される方もいらっしゃいます。

HPはこちらです。いろいろ書いていますので、参考にして下さい。

SNSでもご購読できます。



コメントを残す