ふっくらさんって派手好き,可愛いもの好きが多いですね

ふっくらさんって派手好き,可愛いもの好きの方が多いですね

昔フリフリのロングスカートが流行りました。

その時も結構ふっくらさんが着ておられましたね。

その傾向は変わらないみたいです。
そういう体型の人は大抵上体が後ろに反っています。

だから着てるものが前がピョコンと上がります。

後ろが長くなります。

首回りも、なかなか体にきれいに合いません。

そんなこといちいち気にしないわとそのまま体に合わないものを着ておられるのだと思います。

でもかしこまった席に出ていく必要に迫られた時困りますよね。

ある程度の年齢になると、こういう時に通販のお洋服を着るのもなーって思いますよね。

でも20号とかになるとそうどこにも置いていないみたいです。

それでオーダーしに来ていただくのです。

今回も「変わった形のお洋服を作って貰って来たけどちょっと飽きました。」

と言って普通にお袖が付いたワンピースを作りたいと来られました。

昔七五三に着ていくために買った反物がそのまま置いてあるからと

はっきりしたオレンジに大きな柄の着物地です。

 

 

不思議なものでいつも派手なお洋服を着ておられるのでビックリするほどの違和感は無いんです。

いわゆる「服に着られてしまう」という風にはならないんです。
仮縫いは大変でした。特赦体系ですから・・・

時々有りますが2回させていただきました。

ミセスの洋服は後ろウエストを絞ると綺麗に細く見えます。

前はバストもおなかも出ていますので絞ると余計に目立ちます。
サイズって何センチだけではないんですね。
バストサイズといっても胸周りが何センチかだけで、バストが大きい人もいますし
差寸が無くて鳩胸で大きい人もいます。
それぞれ型紙は違うんです。
何より着安く作りたいですよね。

今回は色柄が十分主張していますので、

体に合って着やすい服を目指しました。

お嬢様にはお母さんしか似合わないよねって言われたそうです。

でも出来上がって喜んで頂けて良かったです。
納品の時に思ったより生地が残っていたんです。
「これで何か作れます?」

「ベストなら作れるかも」

で作ることになりました。

 

 

もうーーーーーーーーーーーー大変でした。

やっぱりかわいいのがお好きみたいで、会社に展示してあるジャケットをご覧になって襟可愛いね

と聞いてしまったので、襟の周りにひもを通して絞って可愛く作りました。

 

 

悪戦苦闘の結果出来上がりました!

残ったのは本当に ハ ギ レ !

よくぞ出来た!って心から思いましたね。

気に入っていただいて私も満足です。


やっぱりお客様に作ってよかったと思っていただかないとね。

どこにも売ってないから、自分に合うものが無いから。

オシャレで着やすくて長く着られるそんなお洋服を提供したいと思っています。

 

HPに詳しく書いています。

リメイクってどういうもの?の答えがわかります。五日間講座をぜひ読んでください。

どんな事でも聞いて下さい。

SNSでもご購読できます。



コメントを残す